新年を快適に過ごそう。プラスワンの寒さ対策

コラム

新年明けましておめでとうございます! Salon’s Promo Magazine編集部です。

新しい年が始まりました。昨年は世界中で新型コロナウイルスが猛威を奮い、私たちの生活にも大きな変化が訪れました。それぞれいろんな想いを抱えた1年だったことと思います。ウィズコロナの暮らしはもう少し続きそうですが、自分や周囲を大切にしつつ、健やかに過ごしていきましょう!

ところで、今年の冬は寒さがとても厳しいですね。各地で記録的な大雪が降り、関越自動車道では雪の影響で車両が丸2日立ち往生するという事態が起きました。本格的な冬に入っているので、既に足元ヒーターやひざ掛けなどを用意してお客様向けの寒さ対策をされていたり、あたたかい靴下や重ね着でサロンワークをこなしているという美容師さんもいらっしゃることと思います。

しかし、1月20日〜2月3日頃までは、二十四節気で「大寒」と言われ、1年で最も寒さが厳しい時期がやってきます。また、コロナ感染対策のため、寒い中でも換気をされているサロンさんも多いでしょう。
今回は「もう少し暖を取りたい!」と思われる美容師さんに、プラスワンでできる寒さ対策をご紹介します。

1.薄手の腹巻き

まずは美容師さんに向けての寒さ対策。
それが腹巻きです。
「腹巻きはなんだか古くてダサい!」と思っている方はいませんか?
最近では、薄くてアウターや洋服に響かないオシャレなデザインの腹巻きがたくさん発売されています。アウトドアブランドや、サイクリストのためのブランドにも、スタイリッシュで動きやすいものが揃っていますし、肌触りの良いシルク素材や、あたたかい裏起毛素材など、選択肢も豊富です。
お腹の下、骨盤内は多くの太い血管や自律神経の通り道です。骨盤が冷えることで血液、そして手先や足先まで冷えてしまいます。おへそから5cm下に「丹田」というツボがあります。気が集まるツボと言われ、「下っ腹に力を入れる」という言葉があるように、丹田に力を入れるとどっしりと落ち着いた気持ちになり、精神的にも身体的にも安定するのだそうです。この丹田をあたためるのも冷え取りに効果的。ぜひ試してみてくださいね。

2.ハニカムシェード

サロン全体の寒さ対策にはこちら。窓に取り付けるシェードです。ハチの巣のような6角形を「ハニカム構造」と呼びます。このハニカム構造が、窓と部屋の間に空気の層を作り、外気を跳ね返します。これにより冬は保温、夏は断熱効果を、室内を快適な温度にキープしてくれます。冷暖房効率がアップするので、省エネ効果もあり。また、ハニカム構造は外部の騒音をやわらげる効果もあるので、騒音対策にもなります。不織布素材のものを使えば、外の光をやさしく取り込むことができます。冬だけでなく夏も快適に過ごせるハニカムシェード、ぜひ取り入れてみてください。

3.湯たんぽ

ひざ掛けだけでは寒い、というお客様にプラスするなら湯たんぽがおすすめ。昔ながらの金属製の湯たんぽは熱伝導率が高く、熱湯を入れるとすぐに温まりますが、熱くなりすぎてしまいます。タオルや布に巻いて使うのが一般的ですが、お客様にお渡しするにはやけどの危険性もあり、少し不安。そこでおすすめなのが、ゴム製、プラスチック製、レンジタイプ、充電式です。

ゴム製は金属製と同じように熱湯を入れて使用します。注意すべきはお湯がこぼれないように、蓋をしっかりと閉めること。プラスチック製は軽くて持ち運びが楽。お湯を入れても熱くなりすぎることがなく、じんわりと保温してくれます(ゆるめのお湯だと保温力も持続しないので注意)。ただし、ゴム製・プラスチック製ともに内容量が500ml〜2000mlあり、お湯を満タンに入れるとその分重くなってしまうので、お客様の膝に乗せた時にちょうど良い重さを意識しましょう。

レンジタイプは、中にジェル・小豆・セラミックビーズが入ったものと、水を入れるものがあります。いずれもレンジで加熱して使用します。
充電式はお湯を使わなくて良いのがメリット。コンセントやUSBを挿して充電するだけです。約10〜20分の充電で、約3時間〜長いもので6時間、温かさが持続します。
それぞれのサロンさんに合った湯たんぽを利用してみてください。
なお、低音やけどにならないよう、必ずカバーつきのものを選ぶようにしましょう。

4.体の「首」をあたためる

最後に、最も手軽にできる寒さ対策の方法をお伝えします。
寒さに弱いという美容師さんは、インナーを工夫したり、カイロを貼ったり、冷えとり靴下を履いたりと、ご自分でも対策を取られているかもしれません。それでも寒いという方は、体の「首」と名のつく部位をあためることを意識してみてください。
そう、手首・首・足首です。首の近くには動脈が通っていて、ここを冷やすと体温が下がり、冷えにつながります。美容師さんは水仕事のため、手首に何か巻いたりするのは難しいと思いますが、足首や首元にネックウォーマーやレッグウォーマー、スカーフを巻いてみたり、タートルネックを着てみてください。きっとポカポカしてくると思いますよ!

今年はSalon’s Promo Magazineとしても、新たな企画や試みを進めていければと思っております。
より一層、美容師さんのお役に立てるメディアを目指し、邁進してまいります。

2021年が皆様にとって素敵な1年になりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事一覧