人生のターニングポイントをサポートする仕事。グラワーズ代表・貴嶋孝次『サロンプロモ』への想いと展望。

クリエイティブ

Salon’s Promo Magazine(サロンプロモマガジン)の母体である、サロン専門集客ツール『Salon’s Promo(サロンプロモ)』は2011年にスタートし、おかげさまで10周年を迎えました。これまで全国230サロン以上のお手伝いをしてきたサロンプロモ。そのサロンプロモを運営するのが、株式会社グラワーズ。サロンプロモは、グラワーズ創業と同時に誕生したのです。大阪のマンションの一室から始まって、少しずつ事務所も広くなり、社員も増え、10年の節目を迎えることができました。サロンプロモには一体どんな道のりがあったのか、そして、これからの展望は何なのか。現在開催中の「サロンプロモ10周年記念キャンペーン」を機に、グラワーズ代表・貴嶋孝次の想いを聞きました。

創業のキッカケ。オリジナルデザインへのこだわり

ーー今日は、代表のサロンプロモへの想いを聞かせてください。まず、サロンプロモが生まれたキッカケは?

「僕はフリーランスのデザイナーをしていたのですが、10年前にグラワーズを法人化する時、なにかひとつ特化したチャンネルを作ろうと思いました。フリーランスで受けていた仕事の実績に美容室の案件があったこと、僕の兄が美容師をやっていること、ディーラーさんとの接点もあったことから、美容室を軸にしようと決めました」

グラワーズ代表・貴嶋孝次

ーー当初から美容室に関わりがあったんですね。

「たまたま美容室だったけど、もし兄がレストランを経営していたら、料理人に向けたサービスを作っていたかもしれません(笑)」

ーーなるほど。

「サロンプロモを始めるにあたり、もうひとつ決めていたことが、オリジナルデザインを重視することです。当時はちゃんとしたデザイナーが所属していなさそうな美容室専門の広告会社やアドバイザーが、美容室のイメージを作り上げてHPやチラシを制作していました。HPと実際のサロンのイメージが全く違っていたりして、美容室は髪の毛の“デザイン”を売る仕事なのに、そんなのでいいのかなという想いがありました。

サロンプロモ始動当初は、価格との兼ね合いでテンプレートも検討しましたが、そうすると他社と差別化ができず、サロンさんにピッタリのデザインを作ることが難しそうなので、一貫してオリジナルデザインにこだわることに決めました。そこがサロンプロモのスタートです」

1日中営業をかけても、受注件数ゼロの時代

ーー滑り出しはうまくいきましたか?

「最初は全くうまくいきませんでした。タウンページを見て、片っ端からサロンさんに営業の電話をかけたり、サロンプロモのDMを郵送して、到着した頃に連絡を入れたりしたけど、全然話を聞いてもらえなくて、受注件数もゼロでした。

ディーラーさんにサロンさんを紹介してもらってようやく受注したのですが、基本的にサロンさんはディーラーさんを信用していて、弊社は“HPを作ってくれる業者さん”と見られていたので、想いがなかなか伝わりませんでした。デザインを起こすには、コミュニケーションが大切です。信頼関係がないと、なかなかうまくいかないのだと実感しました。

弊社は広告代理店の仕事もしていますが、全て案件ベースで打ち合わせをして、広告代理店の方やクライアントと一緒に同じゴールを目指して走っていきます。ですが、信頼度がゼロの地点から関係値を築かないといけないのは、とても難しかったですね。

また当時、美容業界でトップを走っていた美容室専門を謳っている制作会社のHP制作費が、ものすごく高かったんです。たとえば月2万円で50回リースという感じのところもありました。企業サイト並みの値段を街の美容室に提示しているんだ、とびっくりしました」

ーー「ファーストパック」「スタンダードパック」はリーズナブルな価格ですよね。

「そうですね。僕もフリーランスをやっていた経験から、独立する時に初期費用を抑えたいという気持ちがわかるので、なるべく安い価格を設定しました」

人のターニングポイントに立ち会える仕事

ーーサロンプロモが軌道に乗り始めたのはいつ頃ですか?

「サロンさんからコンスタントに受注をいただけるようになるまで、5~6年はかかりました。弊社のデザインが好きだ、サロンプロモで作ってほしいと言ってくれるお客さんが来てくれるようになって、大きく前進しました。

制作物を“良かったです”と言って、周りのサロンさんに紹介してくれたり、そこで働いていた人や、その人の友達が独立した時に声をかけてくれて繋がる縁もありました。その時は本当に嬉しかったですね。最近は若いスタイリストさんやオーナーさんが見てくれるようになり、“デザインをちゃんと届ける”という、やりたかった部分が実現できたなと思っています」

ーー打ち合わせの際に意識していることはありますか?

「弊社のお客さんは、約7~8割が新しく独立してHPを持ちたいというオーナーさん。現行のHPをリニューアルしたいという方が残りの2~3割です。独立は人生の転機です。どんどん店舗をオープンしていくことはあっても、最初の独立は一度だけ。だから、その人が持っている“こんな店を作りたい”という想いや熱量をできるだけ汲み取りたいと思いながら打ち合わせに臨んでいます。今はコロナで難しいですが、打ち合わせは極力、直接お店に伺って行うようにしています

特にオープンサロンさんは、初めての出店で、コンセプトはあるけど何て伝えればいいのかわからない、お店自体が出来上がっていない状態で話をお聞きするので、話が盛り上がった瞬間を見逃さずに、グッと話を広げてすくい上げるようにしています。イメージを伝えるのが難しいという場合は、その方が好きなブランドなどで例えてもらい、お話をお聞きしています。

逆にリニューアルのお客さんは、“デザインが古いから作り替えたい”、“検索結果上位に表示させたい”という目的がはっきりしています。その分スピード感を持って制作に移れます。

デザインは人のターニングポイントに立ち会える仕事です。先ほども言ったように、自分もフリーランスから独立したプロセスがあるので、お客さんの気持ちがわかるんです。人生の転機で頼ってもらえるのはすごく嬉しいし、僕の身も引き締まります」

広告代理店の案件を手がけるデザイナーが担当する強み

ーーサロンプロモの強みはなんですか?

「グラワーズの仕事の半分は、広告代理店や、名だたる企業の案件制作です。それを手がけるデザイナーが美容室のデザインをすることを大切にしています。Web業界は次から次へと新しいトレンドやプログラムの書き方が出てきますが、広告代理店の案件をやっていれば、いろんな業界のトレンドをキャッチできます。

グラワーズは今までもこれからも、“美容室専門のデザイン事務所”になるつもりはありません。専門にしてしまうと“美容室はこうだろう”という狭まった見方になってしまいます。当初、美容業界の広告物に感じていた違和感と同じになってしまう。だから、広告代理店案件も大切にしながら、様々なトレンドを、きっちりサロンさんのサイトに落とし込み、集客につなげることを意識しています

ーーなるほど。だからオシャレなデザインを作り上げることができるんですね。

「時代の流れに沿って、サロンプロモも進化しています。当初はPCサイトのみでしたが、2016年頃からスマホサイトが登場し、企業案件でもスマホサイト制作が増えてきました。当然美容室のHPにも反映する必要があるということで、メンテナンスを継続できる月額の『ファーストパック』を立ち上げました。

2017年頃にはGoogleの検索アルゴリズムが複雑になり、SEO対策が不可欠になってきたことから、オリジナルブログつきの『スタンダードパック』を誕生させました。また、HPだけでなく、会社案内やショップカード、名刺などの紙モノもトータルで請け負っています。それにより、世界観を統一させることができ、よりブランディングを確立することができます」

ーーサロンプロモにピッタリなのはどんな方ですか?

「新しくお店を出すオーナーさんで、HPもきっちり作りたい人に向いていると思います。リニューアルの場合は、“採用や検索のため”、“トレンドに合わせたデザインにしたい”という方のニーズにお応えできます。

逆に、一括でお任せでやってくださいと丸投げする人や、HPにあまり時間が取れない人、HPはただあればいい、という人には向いてないかなと。HPは作って終わりではなく、更新し続けないといけませんし、サロンさんと一緒に二人三脚で運用していきたいと思っています」

ーー最後に、今後のビジョンや展望はありますか?

「今後は、採用強化のためのWeb活用や動画コンテンツにも力を入れていきたいと考えています」

株式会社grawords代表・貴嶋孝次 経歴
1975年生まれ。5人兄弟の4番目として生まれる。工業高校卒業後、電話関係の企業に就職するも退職。専門学校を経てスポーツブランドのインハウスデザイナーとして働く。DTPデザインや撮影アシスタントをしながら独学でWEB制作を始める、その後京都のWEB製作会社でインターネット博覧会(インパク)に関わる。大阪に戻り広告制作会社でディレクションを学んだのちに2006年フリーランスとして独立、Flashを用いたサイト制作で主に大学、自動車、不動産のジャンルで広告制作を行う。2007年に屋号を「grawords」とする。2010年に株式会社grawordsとして法人化。




サロンプロモ10周年記念キャンペーン

美容室・サロン専門のホームページ制作サービス『Salon’s Promo』がこの度10周年を迎えました。日頃のご愛顧に感謝して、人気のスタンダードパックが¥20,000オフになるキャンペーンを開催中です。

美容室のホームページを作る上で必要な情報やシステム、サービス等がすべて入ったパッケージプラン。初期費用のほかは月額管理費用¥6,600(税込)のみ。ホームページのリニューアルにもぴったりなプランです。先着50サロンまでとなりますのでお早めに!

『スタンダードパック』¥20,000オフキャンペーン
期間:2021年5月13日~2021年6月30日
人数:先着50サロン
対象:スタンダードパックを契約
内容:スタンダードパック初期費用が¥20,000オフ(¥143,000→¥123,000)

応募方法と詳しいキャンペーン情報は下記のバナーをクリック!
抽選で豪華プレゼントが当たる、インスタフォロー&コメントWキャンペーンも開催中!

関連記事一覧