「保護された通信ではありません」これって何のこと?SSLの重要性について

Googleが先日発表したことのアイキャッチ
クリエイティブ

ホームページをパソコンで見た時にSSL化されていないと、「保護された通信ではありません」という警告文が表示されてしまいます。
今回はSSL化の重要性についてご説明します。

SSLの重要性

SSLとは、暗号化された通信のことです。
暗号化された通信の利点は、字のごとくセキュリティが強化されるという点です。
Googleはブラウザの使用者に安心して利用してもらうため、SSL化された通信を行うことを標準化するように決定しました。
また、サイトがSSLで強化されているかを一目見てわかるように表示するよう検索バーに、マークやテキストを表示するようになりました。

つまり、ホームページを表示した時に暗号化された通信ではない場合、
セキュリティが弱いという証拠が表示されるということです。
「保護された通信ではありません」という警告文はSSL化された通信ではないという証明で、ホームページの訪問者に不安を与えてしまいます。

暗号化された通信では【鍵マーク】や、【保護された通信】、【安全な接続を確立しています】と表示されますので、安心感や信頼感の大きなサイトとなります。

現在も、検索した時に「保護された通信ではありません」と表示されることがあります。
今後、警告文の表示がどんどん広がっていくと考えられますので、
お早めにSSLを導入することをおすすめいたします。

関連記事一覧