サロンのHPはスマホで見るのが常識?【salon’s promo調べ】

クリエイティブ

格安スマホの普及率も高くなり、ついに楽天もキャリア参入をしましたね! 1年間料金無料という衝撃プランでシェアを取ろうとするバラマキ戦略がさすがという感じです…。 スマホを持つのにランニングコストもそこまでかからなくなってきているのが、普及率の後押しの一因です。 みんなが出先でもお家でも簡単にネットにつながりながら色々できるということで、ホームページのつくりもスマホ対応にするのが標準になっています。 スマホ対応は特にBtoCの消費者向けサービス・商品では、絶対に抑えておくべきです。 令和元年のインターネットの利用状況なども交えて、サロンさんのHP制作サービスsalon’s promo からの協力を得て閲覧傾向も探ってみましょう。

2019年通信利用動向調査

調査結果まとめ

1. インターネット利用率は89.8%:もう9割と言っても過言でない。
2. スマホの保有率は初めて8割を超え。個人保有率も6割を超えてきました。

サロンでターゲットになりやすい層を限定で見ていくと、 10代から60代の全ての年齢でスマホを使ってネットに接続する人が多く、60代でも55%を超える結果になりました。

2017年にはパソコンの保有率よりもスマホの保有率が上回ったのですが、年々パソコンを保有しない家庭も増えており、その開きは15%近くになってきています。

また、SNSの利用率も年代に関わらずすべての世代で増加傾向。 10代から30代では使用率が80%を超えています。

総務省: 令和元年調査(令和02.05.29 公表)

サロンのHPはなにで見られているの?

ホームページのスマホ閲覧は70%超え!
スマホの個人保有率が67%なので、ほとんど一致しています。 スマホを持っている場合はほぼ100%、スマホでサロンのサイトを見ているようです。

Salon’s promo調べ

スマートホンを利用している割合 73% / 96社

数年前にサイトを作ったけど、スマホ対応していない】
【今のサイトが気に入ってない】
【いらないかなと思ってたけど、サイトないですよね?ってお客さんに言われた…】

…ホームページの制作にお悩みなら…

salon’s promo

美容室に寄り添って、10年。230案件以上の制作実績。 女性デザイナーがお忙しいオーナーさんのために構成からご提案。
毎月、サイトのアクセス状況もレポートしているので、ユーザーの傾向もしっかり把握いただけます。

関連記事一覧