【HP制作の教科書】ブラウザ・OSって何?パソコンとスマホが使うシステム・ソフトの理解を深める!

クリエイティブ

Appleが今年も10月に新作iPhone 12の発表をしましたね。
世界的な技術革新の5G通信の機能も備えているということですが、そもそも5G通信を使用するためのアンテナが少なすぎて、まだまだ動かないというのがアメリカでも日本でも目下の課題のようです。

iPhoneは日本シェア6割弱を獲得している、メジャーな端末です。
iPhone購入後に設定変更を行わない場合、iPhoneユーザーがそのまま使用するブラウジングのソフトは、Safari(サファリ)ということは知っていますか?
ソフトを動かすための基本となるシステムによって、サイト制作で実現できるデザインや表現技法に差が発生することを知っていますか?

サイトを閲覧するための基本的な構造を理解して、サイト制作を行う時にデザインや表現技法に活かしましょう。

STEP01OSって何?

OSはオペレーティングシステムの略称です。
パソコンやスマホを使う時に必要な基盤になるシステムのことで、パソコンはWindowsとMac、スマホはiOSとAndroidの2大巨頭です。

パソコン

Windows(Microsoft):66.4%
Mac(Apple) : 22.52%

スマホ

iOS(Apple) : 62.79%
Android(Google) :37.07%

日本における筆頭OSとシェア率(2020年10月現在)
引用元:StatCounter Global Stats – Browser, OS, Search Engine including Mobile Usage Share(https://gs.statcounter.com/

STEP02ブラウザって何?

インターネットを閲覧するために使用するソフトのことです。スマホではアプリと呼ばれます。
OSを比べると世界的にもシェア率にばらつきがでますが、近年の動向としてはchrome(Google)の一強体制になりつつあります。

パソコンのブラウザシェアをみてみよう!

国内シェア

Chrome(Google):59.44%
Edge(Microsoft):11.18%
Safari(Apple):9.38%
IE(Microsoft):8.74%
Firefox:7.44%
Edge Legacy:1.25%

世界シェア

Chrome(Google):69.66%
Safari(Apple):8.74%
Edge(Microsoft):5.54%
IE(Microsoft):2.51%
Firefox:8.17%
Opera:2.3%


スマホのブラウザシェアをみてみよう!



国内シェア

Safari(Apple):59.05%
Chrome(Google):34.86%
Samsung Internet(Samsung):3.05%
UC Browser:0.78%
Android:0.7%
Firefox:0.53%


世界シェア

Chrome(Google):64.63%
Safari(Apple):22.7%
Samsung Internet(Samsung):6.44%
UC Browser:2.34%
Opera:1.91%
Firefox:0.47%

やはりGoogle Chrome は強いですね。
世界シェアは7割にもおよぶ勢いです。
日本においては、スマホのブラウザはSafariがぶっちぎりです。
日本は世界的にみてもiPhoneシェア率が高いことで有名です。
そのため、ブラウザはデフォルト設定のSafariがシェアを保有する形になります。
サイトが完成したら、実機確認時には、実際に動くか、ちゃんと表示されるか、Safariブラウザでのチェックを必ず行ってください。

PCブラウザの古き伝統IE

IEの後継ブラウザEdge

世界のPCブラウザでは2.5%のシェアしか確保できていないInternet Explorerですが、日本では8.74%ものシェアを確保しています。
個人事業主や中小企業が多いと言われている日本では、税務・法務関連の申請で推奨ブラウザとして選ばれているのがIEです。
そのため根強く使用率のシェアを保持しています。

注意しよう!

2021年8月にMicrosoft office365 でのIEサポートが正式終了されます。

もともとMicrosoftも公式発表していた脆弱性の問題や、後継ブラウザEdgeの発表に伴って、使用の切り替えを呼びかける動きとなり、世界的なシェアも減少してきたことからサポートの終了という流れになりました。

これからHPをリニューアルする際はIEではなく、Edgeの実機チェックを行うようにしましょう!

まとめ

今回はパソコンとスマホの主要ブラウザという点に着目してご紹介いたしました。
HPを作ったりリニューアルしたら、国内のシェア率を意識してブラウザチェックを行うようにしましょう。
IEのサポートが正式終了するということは歴史の隆盛を感じますが、モダンなデザインを実装するのに一手間どころでなく困難が伴っていた手強いブラウザであることも事実。
今回の正式サポートの終了に伴って、IE縛りがなくなることも予想されるので、ホームページ制作会社は提案できるデザイン・動作などの幅が広がることは間違いありません。

関連記事一覧