美容室が「採用サイト制作会社」を選ぶときのチェックポイント

コラム

近年、美容室数は増加しているのにも関わらず、美容師のなり手は減少しているという状況です。
その中で、リクルートなどが運営する求人サイトや求人広告だけではなく、自社のブランドを発信する自社独自の採用サイトで求職者に関心を持ってもらうことが重要です。

しかし、採用サイトのコンテンツとして自社の魅力や雰囲気、生の声を発信できなければ、応募者が少なくなってしまったり、採用後に「こんなはずじゃなかった」と思われてしまったりする可能性があります。

そのために、今回は「採用サイト制作会社」を選ぶときのチェックポイントをご紹介します。

■ 「採用サイト制作会社」とは

採用サイト制作会社とは、企業などが採用活動をするにあたって求職者向けに情報を発信するための採用サイトを制作している会社のことです。
採用サイトの制作だけではなく、制作後の運用を請け負ったり、採用や人事業務に関する提案をしている場合もあります。

■ 「採用サイト制作会社」を選ぶときのチェックポイント

【ポイント①】美容業界のサイト制作に精通しているか?

美容業界に精通している制作会社に依頼することで、その実績と経験から最適なサポートやアドバイスを受けることが可能です。
Webサイト制作のプロであっても、美容関連のサイトを制作した経験がなかったり、業界への知識が浅かったりすると伝えたいイメージを適切に伝えることができずに、入社後の離職に繋がってしまう可能性があります。
そのため、美容業界のサイト制作の実績をもつ制作会社を選ぶようにしたいですね。

【ポイント②】ヒアリングが丁寧か?

見た目がキレイでカッコイイ採用サイトを制作することができても、実際の人材採用に繋がらなければ成功とはいえません。
採用はサロン経営の大切な部分です。
自社の価値観や強みを適切なヒアリングでくみ取ってくれる制作会社を選ぶ必要があります。
求職者に伝えたいイメージの潜在的な要望も浮き彫りにしてくれるような制作会社なら、より良いですね。

人材採用の成功の第一歩は「何のために人を採用するのか」を明確にすることです。
採用成功に向けてヒアリングを重視してくれる制作会社を選びましょう。

【ポイント③】画像やテキストの用意はどのようにするのか?

画像やテキストの用意を自社でする必要があるのか、制作会社がカメラマンなどを手配してワンストップで画像やテキストの用意もするのかでは、手間や時間などのコストが異なります。

画像やテキストを自社で用意できるのであれば良いのですが、相応の手間や時間がかかってしまいます。
サロンの雰囲気や伝えたいイメージを適切に伝えるためにプロのカメラマンやライターに画像やテキストを用意してもらった方が良いでしょう。

【ポイント④】提案力はあるか?

ヒアリングが丁寧で、画像やテキストの用意もワンストップで行う制作会社であっても提案力が低いと、採用したい人材像が求職者に伝わるデザインのサイトにならない可能性があります。
丁寧なヒアリングをもとに、潜在的な要望も具体化したデザインやテキストの提案をしてくれる制作会社を選びましょう。

提案されたデザインを素案として、さらにブラッシュアップすることも可能です。

【ポイント⑤】サイト完成後のサポートはあるのか?

採用ツールであるサイトの公開は、ゴールでなくスタートです。
サイトが完成することももちろん重要ではありますが、通年での採用計画に伴ったサイトの運用を行っていくことも大切です。
サイト完成をゴールとする制作会社ではなく、サイト完成後もサポートしてくれる制作会社を選びましょう。

サイトの完成後のサポートにも運用をまるっと請け負う制作会社と、画像やテキストの修正のみを受け付ける制作会社など、様々です。
自社はどのようなサポートを必要とするのか、可能性も含めて、あわせて検討するようにしましょう。

【ポイント⑥】求人検索サイト等の媒体と提携していないか?

求人検索サイト等の媒体と契約を結び、広告費の一部を利益として得ている制作会社もあります。
広告の掲載は人材の獲得に有効な手段ですが、サロンであれば美容業界やその周辺に関連する媒体に広告を掲載しなければ、採用戦略とずれが生じ、効果があまり得られない結果となってしまうことがあります。

また、求人媒体と提携していない中立の制作会社であれば、クライアント目線で最適なデザインやコンテンツの見せ方などの提案ができます。
そのため、求人検索サイト等の媒体と提携していない中立の立場で提案ができる制作会社を選びたいですね。

【ポイント⑦】信頼感があるか?

サイトの制作を制作会社に依頼すると数十万円の費用がかかります。
また、自社の今後を左右する人材採用に関わるツールなので、信頼できない会社に任せたくはないですね。
スムーズにコミュニケーションが取れて、お仕事を任せて安心感のある、信頼できる制作会社を選ぶようにしましょう。

制作会社を選ぶといっても、サイトを制作するのは結局のところ「人」です。
人と人とのお付き合いを気持ちよくできるところを重要視したいですね。

■ 信頼できる採用サイト制作会社に依頼しよう

今回の記事では、採用サイト制作会社を選ぶときのチェックポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

採用サイトは、経営の大切な部分を担う採用のツールとして重要な役割を果たします。
自社の雰囲気や生の声を伝える採用サイトを制作して、入社後の定着に繋がる採用活動を行いたいですね。

そのために、信頼できる採用サイト制作会社を見つけて、人材採用を成功させましょう。

美容師・サロンスタッフ・スタイリストの採用にお悩みのオーナー様向けお気軽にご相談ください。

関連記事一覧