美容師さんの休日の過ごし方〜大塚国際美術館&淡路島でお土産を買おう〜

コラム

こんにちは、サロンプロモマガジン編集部です。8月の「美容師さんの休日の過ごし方」シリーズは、大塚国際美術館と淡路島編をご紹介しました。大阪市内から車で行けば日帰りもでき、関東や九州からも新幹線とバスでピュンっと行けてしまう、このエリア。8月中は大塚国際美術館は無休で営業しているので、感染対策に気をつけつつ、気分転換に出かけてみてはいかがでしょう。今回は、大塚国際美術館&淡路島編の最終回。各地で購入したお土産をご紹介します!


・大塚国際美術館で購入したお土産

まず、大塚国際美術館のミュージアムショップ(B3Fにあります!)で購入したものはこちら!

人気商品の大塚国際美術館オリジナル『クリームサンドクッキー』。

バニラ(8個)とチョコレート(7個)の2種類入りです。ゴッホのヒマワリがあしらわれたパッケージが素敵です。

ほんのりココナッツの味がして、甘すぎずとても美味しかったです! コーヒーのお供にぴったり。


続いてゴッホのヒマワリをあしらった和菓子の『ヒマワリ和三盆』。

箱を開けると、ゴッホの自画像とヒマワリの形のカラフルな和三盆!

食べるのが少しもったいないですね。夏の縁側で冷たいお茶と一緒に食べたい砂糖菓子です。


こちらはモネの『睡蓮』のアートソックス。

ロングワンピースなどに合わせたら可愛いコーディネートができそう。


環境展示の『スクロヴェーニ礼拝堂』の壁画と天井画の写真がプリントされたクリアファイル。

裏面には天井のアーチに描かれていた星空が。思い出を持ち帰ることができる美しいファイルです。


こちらはゴッホの『ヒマワリ』ピンバッジ。7点ある『ヒマワリ』が全てピンバッジになっています。

2.9×2.1cmの小さめなので、バッグにも服にもつけやすいサイズ。お好きな『ヒマワリ』を選んでみて。


とってもカラフルでキュートな、ピカソのドローイングが切手の形のシールになったアイテム。

大きさも切手サイズで、とにかくかわいい!

1箱に20枚、全て柄違いのものが入っています。他にもモネなど数種類のラインナップがありました。


他にも図録やポストカード、ボールペン、マスキングテープなどの雑貨やミニ陶板など、多くのオリジナルグッズが販売されていました。また、美術関連の書籍やグッズ、徳島の美味しい鳴門産わかめも。大塚国際美術館来訪記念に、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。


大塚国際美術館
住所:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
営業時間:9:30~17:00(入館券の販売は16:00まで)
入館料:一般 3,300円/大学生 2,200円/小中高生 550円
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)/1月は連続休館あり/その他特別休館あり/8月無休
電話番号:088-687-3737
公式HP:https://www.o-museum.or.jp/



・道の駅 ショップうずのくにで購入したお土産

渦潮に最も近い道の駅こと、『道の駅うずしお』の中には『ショップ うずのくに』があります。約100点以上ものオリジナルグッズが販売中。

本物の玉ねぎはもちろん、玉ねぎをあしらった形や、玉ねぎの写真がどどん! と使われた商品などパッケージが凝ったものが多く、見ているだけで楽しい空間でした。

デザイン性の高さが目を引く、『淡路島オニオンチーズディップ』。6切チーズのような三角形のパッケージ。

玉ねぎを丸ごと使ったチーズディップで、ゆでたまごや揚げ物、バゲットにつけていただきます。

グルメなお友達へのお土産に喜ばれそうです。

一瞬「牛乳?」と思うほどのインパクト。実はこちらカレーです。

淡路島産の玉ねぎと、淡路島牛乳、淡路どりむね肉と、淡路島の食材を使ったヘルシーな『淡路島牛乳カレー』。

中にはレトルトパウチが1食(200g、1人前)入っています。普通のご当地カレーとは一味違うパッケージなので、話題になりそう!


おもしろネタを探している方や、大人数に心ばかりのお土産を渡したい方におすすめの『コンソメたまねぎ棒』。30本入りで972円。

玉ねぎとコンソメの旨味がきいた、スナック菓子です。


ちなみに、『うずのくに』でお土産を一定金額以上購入するともらえた、玉ねぎのうちわ(単品で販売もしているようです)。玉ねぎ愛が溢れていますね。

ショップうずのくに
住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22 道の駅うずしお内
電話番号:0799-52-1157
営業時間:9:00~17:00
定休日:木曜日(祝日、繁忙期は状況により臨時営業)※12/31、1/1は休館
公式HP:https://uzunokuni.com/shop/



・淡路SA(下り)で購入したお土産

そして、淡路島から大阪に車で戻る途中に立ち寄った、淡路SA(下り)。神戸淡路鳴門自動車道にある、有名なサービスエリアです。淡路SAの上り・下り・淡路ハイウェイオアシスは連結されているので、自由に周遊することができます。※淡路IC料金所から淡路SAには入ることはできないので注意。

大きな『淡路サービスエリア大観覧車』やスターバックスがある、人気のSA。明石海峡大橋も見渡すことができます。下りのお土産ショップには、淡路島や京阪神等のお土産品、地産品がずらりと並んでいます。


何にでも万能に使いまわせる『淡路島オニオンスパイス』。

オニオン粉末をはじめ、レッドペッパー、コリアンダー、オレガノ、バジルなどが入っています。特にステーキなどの肉料理に使うとおすすめです。


鳴門海峡の海水を煮詰めた塩と圧搾製法の米油を使用した、『淡路島の手延べそうめんうずしおの華』。

ツルッとした食感がとても美味しかったです。4束入りでしたが、一瞬で食べてしまいました。


味に外れなしの『淡路のたこせん』。

ご家族はもちろん、職場のお土産としても最適ですね。


淡路サービスエリア<下り>
住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋2568
電話番号:0799-72-5589
公式HP:http://www.awaji-rs.co.jp/

淡路サービスエリア<上り>
住所:〒656-2401兵庫県淡路市岩屋3118-1
電話番号:0799-72-5528
公式HP:http://www.awaji-rs.co.jp/

淡路ハイウェイオアシス
住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674−3
電話番号:0799-72-0220
公式HP:http://www.awajishimahighwayoasis.com/

全4回にわたってお届けしてきた「美容師さんの休日の過ごし方」大塚国際美術館&淡路島編はいかがでしたか?大塚国際美術館は9月になるとまた月曜日休館に戻りますが、今年行けなかった方は、来年の8月にトライしてみてくださいね。一度は訪れてほしい場所です! ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました! また次の「美容師さんの休日の過ごし方」をお楽しみに♪

関連記事一覧