手ブレやピンボケで悩まない! 動画を発信する美容師さん必携のスマホジンバル〜『DJI OM3』と『OM4』を紹介〜

クリエイティブ

こんにちは、サロンプロモマガジン編集部です。美容師の皆さんは日常的にスマホで動画を撮影することが多いですよね。セルフアレンジ動画やスタイリング動画、サロンワークの様子、解説動画、お店やスタッフ紹介などなど。最近のスマホは高性能なので、普通に撮影するだけでも十分綺麗な映像が撮れますが、手ブレやピンボケなどの悩みもついて回ります。そこでオススメしたいのが「スマホジンバル」。スマホジンバルを使うと、手ブレなどの悩みから解消される上に、高クオリティの動画が簡単に撮れてしまうのです! 今回は編集部で使用している『DJI OSMO』シリーズを例に、スマホジンバルのメリットや使い方をご紹介します。



スマホジンバルとは?

スマホジンバルとは、簡単にいうと「自撮り棒+手ブレ補正の機能がついた機械」で、「スマホ用スタビライザー」とも言います。2軸と3軸の製品があり、軸があることでスマホの並行性と安定性の維持が可能になり、スマホでも映画のような滑らかな映像を撮影できます。また、自動で被写体を追える追跡機能もついているので、たとえば体勢を崩してしまった時などでも被写体を見失わず撮影できます。価格は2万円程度。初心者でも手を出しやすく、良い投資になると考えられます。


どういうシーンで活用する?

スマホジンバルを活用したいのは、やはり動いている被写体を撮影する時。たとえば以下が挙げられます。

・動き回るお子さんの撮影
・ペットの撮影
・歩きながら旅行先の景色を撮る
・手ブレを防ぎたい時
・タイムラプスを撮る(三脚付きの場合)

実際に、走りながらスマホのみとジンバルを使用した時の動画を撮ってみました。比較すると、ジンバル使用の方がブレていないのが一目瞭然です。また、撮影の滑り出しが非常に滑らかです。

ジンバル未使用(スマホ手持ちで撮影)


ジンバルを使用して撮影




弊社の使用ジンバル

編集部の母体である、デザイン事務所グラワーズでは、DJI社のOSMOシリーズのジンバル『DJI Osmo Mobile 3』『DJI OM4』を使用しています。スペックは以下のとおり。

・DJI Osmo Mobile 3

スペック
サイズ:展開状態 285 × 125 × 103mm/折りたたんだ状態 157 × 130 × 46mm
重量:405g
モデル:OF100
ジンバル消費電力:1.2W
*ジンバルのバランスが完全に取られており、理想的な条件下で使用した場合。

ジンバル操作可能範囲
機械的可動範囲:パン(水平):-162.5°~170.3°
ロール(回転):-85.1°~252.2°
チルト(垂直):-104.5°~235.7°
最大操作速度:120°/s
使用アプリ:DJI Mimo
バッテリー種類:18650 Li-ion
容量:2450mAh
電力:17.64Wh
電圧:7.2V
充電環境温度:5~40℃
動作環境温度:0~40℃
駆動時間:15時間
*理想的な条件下でジンバルのバランスが完全に取れた状態で使用した場合。

充電時間:2時間半 
*10W充電器で測定


ちなみに現在『OM3』は生産終了していて、後継モデルとして『DJI OM5』が発売されているようです。お店の在庫がないと、入手は難しいかもしれません。


・DJI OM4

スペック
サイズ:展開時 276×119.6×103.6mm/折りたたんだ状態 163×99.5×46.5mm/三脚 138 x 32mm
重量:ジンバル390g/磁気スマートフォンクランプ32.6g/磁気リングホルダー11.4g/三脚72g
バッテリー種類:18650 Li-ion
容量:2450mAh
電力量:17.64Wh
電圧:7.2V
充電温度範囲:5~40°C
動作環境温度:0~40℃
駆動時間:15時間
*ジンバルのバランスが完全に取られており、理想的な条件下で使用した場合。

充電時間:2.5時間
* 10W充電器で測定

消費電力:1.2W
* ジンバルのバランスが完全に取られており、理想的な条件下で使用した場合。
ジンバル機械的可動範囲:パン(水平):-161.2°~171.95°
ロール(回転):-136.7°~198°
チルト(垂直):-106.54°~235.5°
最大操作速度:120°/s
使用アプリ:DJI Mimo


『OM4』は三脚付きです。


選んだ理由

様々なメーカーからスマホジンバルが発売されている中で、なぜ『DJI OSOMO』シリーズを選んだのか?その理由はこちらです。

・安定性のある3軸

『OM3』『OM4』ともに3軸ジンバルで、前後・左右・上下の動きを調整できるため、安定性があります。2軸よりも滑らかな動画を撮影できます。

・折り畳むとコンパクトになる

いくらスマホジンバルが便利でも、サイズが大きいと使いにくいです。『OM3』と『OM4』は折り畳み式なので持ち運びしやすいです。『OM4』の方がよりコンパクト。重さも約400gと軽量なので、長時間の撮影でも疲れません。


・有名なメーカーなので、分からないところがあっても解決しやすい

『DJI』は世界最大手のドローンメーカー。ドローン市場において約7割のシェアを占めていると言われ、「ドローンといえばDJI」というほど有名な中国の企業です。最新機種も絶えず発売されており、信頼性は抜群。カスタマーサポートがしっかりしているので、故障や修理はもちろん、不明点があってもすぐ解決できるので安心です。


・『OSMO Pocket』と同じアプリで使用できるので扱いやすい

『OSMO Pocket』は、3軸スタビライザーを搭載した高性能でコンパクトな手持ちタイプのビデオカメラです。『OM3』と『OM4』もOSMOシリーズで、アプリ『DJI Mimo』で編集などができるので扱いやすく便利です。


・プロのカメラマンが、このジンバルを使用していた

プロ顔負けの映像が撮影できるとのOSMOシリーズですが、実際に現場でもプロのカメラマンが使用していました。人間工学に基づいて作られていて、セットアップも簡単で、直感的に操作することができるのも大きな特徴であり魅力ですね。


『DJI OM3』と『DJI OM4』の主な違い

・カラー

左の『DJI OM3』がブラック、右の『DJI OM4』は淡いグレー。大きさはほぼ同じですが、『OM4』の方がややコンパクト。

・『OM4』は三脚が標準付属

『OM3』は三脚が別売りでしたが、『OM4』は標準付属です。

・スマホの取り付け方法

『OM3』と『OM4』の1番大きな違いは、スマホの着脱方法。

OM3

『OM3』は「スマートフォンホルダー」にスマホを挟んで固定します。幅62~88mm、厚さ9.5mmまでのスマホを取り付けられます(大抵のスマホは対応しています)。取り付け前に、電源オフの状態&ホルダーが垂直か確認しましょう。



OM4

『OM4』はマグネット式なので着脱が簡単です。幅67~84 mm、厚さ6.9~10mm、重さ230 ± 60gのスマホに対応しています。モーターが強力になったので、『OM3』より重量のあるスマホの装着が可能。装着には「磁気スマートフォンクランプ」「磁気リングホルダー」を使用しますが、磁気リングホルダーは直接スマホに貼り付けないといけず、強度を確認するため12時間接着したままにする必要があるので、「磁気スマートフォンクランプ」を使う方が楽ちんです。今回は後者で取り付けました。(厚さが7.5mm未満または重さ160g未満のスマホを使用する場合、同梱のライザーパッドを使用する)

磁気リングホルダー
磁気スマートフォンクランプ



起動の流れ

基本的な起動の流れはこちら。

アプリ『DJI Mimo』をスマホにダウンロードする

スマホに取り付ける

起動する!


起動の様子 OM3



起動の様子 OM4

どちらも電源ボタンを押して起動します。(右下のMと書いてあるボタンが電源です)

OM3
OM4


「ストーリーモード」の音楽とテンプレートで、簡単に見栄えする動画が作れる

起動したら、アプリの『DJI Mimo』を立ち上げます。これで撮影は自由自在。

1つ面白い機能をご紹介すると、アプリ内にある「ストーリーモード」を使えば、あらかじめ設定された撮影パターンとカメラワークを組み合わせて、プロ顔負けのビデオをとっても簡単に撮影できます。フィルターや音楽も当てはめるだけで、ユニークな映像を作ることができます。

実際にストーリー機能の1つを使って、事務所のエントランスの動画を作ってみました。



まとめ・スマホジンバル撮影のメリット

スマホジンバルは、日々サロンワークやブランディングのための動画を発信する美容師さんはもちろん、自分のスマホでクオリティの高い動画を撮りたい方や、スマホの中で撮影・編集を完了させたい方、旅行やアクティビティが好きで高品質の思い出を残したい方にピッタリの機材です。

美容師さんはスマホを手で持って、お客様のヘアセット動画を撮影していることが多いと思いますが、両手が塞がってしまったり中腰になったりする必要があることも。スマホジンバルで撮影すると、以下のメリットがあります。

・片手で撮影できる
・付属品の三脚で、固定して使用できる
・手ブレを補正するので、高品質の動画に仕上がる
・SNSにアップして、サロンや美容師としての活動をアピールできる

感覚的に撮影が可能ですが、会社案内やサロン紹介など、公共性の高さを求められるしっかりした動画は、画角などを決めて制作・編集しますので、ぜひサロンプロモにお任せください!

実績紹介
Munica様

y’s様



いかがでしたか?持っていると、仕事でもプライベートでも大活躍するスマホジンバル。まだ持っておらず、スマホで撮った動画のクオリティを上げたい美容師さんは、ぜひ導入を考えてみてくださいね。

関連記事一覧