美容師さんの休日の過ごし方〜大阪・鶴橋編その1 鶴橋商店街〜

コラム

こんにちは、サロンプロモマガジン編集部です。韓国コスメやK-POPアイドル、韓国ドラマが話題になり、人々の注目を集め続ける韓国カルチャー。韓流ブームはすっかり定着し、あらゆるジャンルで人気を獲得しています。月曜日にお休みが多い美容師さんのための「美容師さんの休日の過ごし方」、今月は鶴橋で休日を過ごしてみよう! ということで、コリアンタウンとして有名な鶴橋を訪れました。まずは鶴橋駅のすぐ近くにある、鶴橋商店街へ。

・鶴橋とはどんなところ?

画像出典元:https://www.google.com/maps/

鶴橋は、大阪府大阪市の東部に位置し、生野区の一部にあたります。旧鶴橋町と言って、地名は「旧大和川の支流平野川に架けられた橋の付近にツルが飛来してきたこと」に由来するとか。

JR大阪環状線、近畿日本鉄道大阪線、Osaka Metro千日前線の乗り換え中継点で、アクセスしやすく便利な立地。野菜・鮮魚の卸売り、焼肉店やキムチ店、韓国料理屋をはじめとする食べ物屋さん、韓国輸入品を販売するお店が多くあり、食もコスメも楽しめるエリアです。最近は観光地としても人気のスポット。鶴橋駅の東側には、戦前から形成されている、在日コリアンが多く住む「コリアンタウン」があります。

・アクセス情報

鶴橋は、前述したとおり、近鉄電車・JR大阪環状線・Osaka Metro(千日前線)の駅がある、乗り換え中継地点。
新大阪駅からJRで約25分
大阪駅からJRで約15分
梅田駅からOsaka Metroで約20分
大阪難波駅から近鉄電車で約5分

京都や奈良からも約1時間ほどで到着します。


・鶴橋商店街とは

鶴橋商店街は、戦後間もない昭和20年の秋に広まった闇市としてスタートし、昭和21年頃に現在の商店街の原型ができはじめたそう。韓国料理屋、キムチやナムル、チヂミなどのお店がひしめきあって、賑わいを見せています。韓流グッズや韓国服なども豊富に揃うため、訪日外国人観光客や韓流ブームに魅了された女性ファンが足を運び、韓国の文化に触れられる貴重な場所となっています。

商店街の中は少し暗めで通路は狭いですが、活気があって、食品や雑貨が多く取り揃えられています。また、通路が入り組んでいるので迷いそうになります。

いたるところにキムチやチヂミ、キンパがずらり。平日にも関わらず、人が多くて賑やかです。チヂミのにおいが漂ってくるので、思わず足が止まります。写真を撮るのも忘れるほど、テンションが上がりました(笑)。

韓国インテリアで人気の「イブル(ブランケット)」も布団屋さんに取り揃えていました。ネットで購入すると7,000〜8,000円台ですが、ここでは3,000円台! 安い!

K-POPアイドルのガチャガチャコーナーもありました。

昔ながらの店舗と新しい店舗が入り混じっていて、少し歩いただけでも、今大阪でHOTなスポットであることが伺えました。では、編集部が鶴橋商店街で立ち寄ったお店を紹介します。

・本場韓国の食材や雑貨が格安で買える、キムチランド

鶴橋商店街の中にある韓国食品スーパー『キムチランド』。ここでは、韓国の食料品や雑貨、金物、お酒などが手に入ります。まるで韓国に旅行した気分になれるのでとても楽しい!

インスタント麺がずらり! 映画『パラサイト 半地下の家族』で話題になった「チャパグリ」も売っていました。映画の中では「ノグリラーメン」と「チャパゲティ」の2種を組み合わせて調理していましたが、どちらも発見!

韓国のお菓子のパッケージが新鮮。今流行りの「コンブチャ」や「地球グミ」も置いていました。Netflixで人気の『ヴィンチェンツォ』に出てきた『マキシム モカゴールド』や、BTSのコーヒーも。

チャミスルグラスも安くで購入できます。

もちろんキムチもあり、韓国らしい品物が所狭しと並んでいました。大通りに面しているお店より値段も安いので、オススメです。


・美味しい韓国ランチ、茶母(TAMO)カフェ 鶴橋別館

鶴橋に来たらやはり韓国料理を食べたい! ということで訪れたのが『茶母(TAMO)鶴橋別館』。

商店街の路地にあり、外観は仮設住宅のよう……しかし、店内は清潔感のある広々とした空間です。平日の14時でもお客さんがチラホラいらっしゃいました。コリアンタウンは人が多いので、ゆっくりランチしたいな、という人は鶴橋駅周辺がおすすめ。落ち着いて過ごすことができます。

石焼ビビンバ定食(980円・税込)。野菜たっぷり。わかめスープも嬉しいです。

「選べる特製スンドゥブチゲセット」(1,180円・税込)の中から、「ホルモンスンドゥブチゲ」と「赤いスンドゥブチゲ」をチョイス。ご飯は身体に優しい十五穀米。熱々ピリ辛でとても美味しかったです!

サラダのほかに、副菜としてキムチ・チャプチェ・チヂミがついていました。

やっぱり韓国料理は野菜がたくさん摂れるのが嬉しいですね。さすが美食の国。茶母は韓国料理を幅広く取り揃えているので、食べたいものが決まっていなくても大丈夫ですよ。


・かわいくて美味しい! 人気のトゥンカロン屋さん、MAMACARON(ママカロン)

韓国発祥のスイーツ「トゥンカロン」。数年前から韓国でマカロンブームが起きていたことがきっかけで、韓国独自の進化を遂げたマカロンのことです。「太っているマカロン=トゥントゥンハンマカロン」を略した「トゥンカロン」は、ビジュアルに特徴があります。

通常のマカロンはカラフルではあるものの、比較的シンプルなビジュアル。一方、トゥンカロンは通常のマカロンに比べてサイズも大きく、クリームやガナッシュがたっぷりで、分厚いことが特徴です。まさに、その名の通りのボリューム感。そして、何よりもビジュアルが可愛いのです!

商店街の一角にある『MAMACARON』は、韓国と日本でマカロンを作ってきたパティシエの木村さん夫妻による専門店で、常時約10種類を手作りしているそうです。

ショーケースに並ぶ色とりどりのマカロンに目を奪われます。フルーツが入ったものや、季節限定ものなど種類もたくさんあり、どれにするかとても迷います。

ちなみにクッキーも販売されていました。

事務所の皆にお土産を購入しました。ショッパーもかわいい。チラッと見えるトゥンカロンがウキウキさせてくれます。

とにかくかわいい! どれもかわいい! 写真映えばっちりです。

とても可愛くて、味はしっかり濃く、もちもちの食感が忘れられません。今まで食べたマカロンの中でも一番美味しかったので、またリピートしたいです。1つ300円〜という価格なので、手土産やご褒美など、特別な日に購入したいですね。

次回は生野コリアンタウンをご紹介します。どうぞお楽しみに(記念に顔はめしました!)


【今回訪れたお店】
キムチランド 鶴橋本店
住所:大阪市生野区鶴橋2-8-21
営業時間:9:30 〜19:00
電話番号:06-6741-4700
定休日:無休

茶母カフェ 鶴橋別館
住所:大阪市東成区東小橋3-17-4
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:00)
電話番号:06-6978-5445
定休日:無休(1月1日~1月3日は休業)
HP:http://eifoodservice.co.jp/shop/tamo-turuhashi-bekkan

MAMACARON
住所:大阪府大阪市東成区東小橋3丁目18−8
営業時間:10:00〜19:30
電話番号:050-3700-1236
定休日:水曜日
インスタグラム:https://www.instagram.com/mamacaron_osaka/

関連記事一覧