あのブランドも韓国コスメ?! 人気の韓国コスメブランド紹介

ヘア&ビューティ

プチプラ価格なのにハイクオリティ、持っているとテンションが上がるパッケージデザインで、10代〜20代の女性の間で人気が爆発した韓国コスメ。美容師さんの中にも愛用されている方は多いのではないでしょうか。

豊富なカラーバリエーションや、品質の良さが魅力のメイクアイテムだけでなく、マスクやクリームなどのスキンケアアイテムも機能性が高く、今や幅広い年代の女性から支持を得ています。その人気に伴い、ドラッグストアやセレクトショップでの取り扱いも増加。日本に実店舗を構える韓国ブランドも増えました。日本で取り扱いされているけど、意外に知られていない韓国コスメブランドもたくさん。
今回は大手ブランド含め、今人気の韓国コスメブランドをご紹介します!

1.ETUDE HOUSE(エチュードハウス)

プチプラ、キュートなパッケージで10代〜20代の女の子を中心に爆発的な人気を獲得した有名ブランド。1985年の設立以来、本国でどんどん店舗数を増やし、2016年に日本上陸。今ではアジアを中心に世界中で645店舗を展開しています。

潤んだ目元作りに欠かせない『ティアーアイライナー』や、捨て色なしと評判の10色アイシャドウパレット『プレイカラーアイシャドウシリーズ』などが代表作。また、今年のHoliday Collectionで登場した『グリッタースノー エアームースアイズパレット』は、ひらひらと舞い降りる雪のように透き通るラメと、ダイヤモンドダストのような2色のラメの輝きが重なって繊細な目元を演出してくれます。ムースの質感でぴったり密着。こんなに可愛いのに、1350円(税抜)というプチプラ感がたまりません。まだETUDE HOUSEの商品を使ったことがないという方は試してみてくださいね。

日本公式サイト:https://www.etudehouse.com/jp/ja/
日本インスタグラム:https://www.instagram.com/etudejapan/

2.SKINFOOD(スキンフード)

「食べてカラダにいいFOODをお肌にも」という思いから生まれた、肌にも心にも美味しいトータルコスメティックブランド。60年以上スキンケア研究を続けてきたノウハウで、フルーツや野菜などの食べ物からお肌にやさしい化粧品を生み出しています。創業以来動物実験も行なっていないとのこと。

スキンケアやボディケア用品のラインナップが豊富で、特に人気なのは、オーガニック素材を使用した『ブラックシュガーライン』と『プレミアムトマトライン』。『ブラックシュガーマスク ウォッシュオフ』は、累計3500万個以上を売り上げた大ヒット商品。ブラジル産のオーガニックブラックシュガー(サトウキビ)が使われていて、美容効果の高い栄養分で、全身が柔らかくモチモチになります。どんな肌質にもフィットしやすいと口コミ評価も高いブランドです。

公式サイト:https://www.skinfood.co.jp/
日本インスタグラム:https://www.instagram.com/skinfood_japan/
韓国インスタグラム:https://www.instagram.com/skinfood_official/

3.MISSHA(ミシャ)

韓国女性のポーチには必ず1つミシャのコスメが入っていると言われるほど、本国でも浸透度の高いブランド。2000年に誕生し、韓国の若い女性を中心に人気を獲得しています。日本では2006年に上陸し、韓国コスメブームの立役者となりました。韓国古来より語り継がれる美容法を現代風に再現した基礎化粧品をはじめ、スキンケアラインやメイクラインを展開しています。乾燥肌、年齢肌、ゆらぎ肌、ベタつきやキメなど、肌悩みから自分に合ったアイテムを探せます。姉妹ブランドのA’pieu(アピュー)も要チェック!

日本公式サイト:https://www.misshajp.com/store/top.aspx
A’pieu日本公式サイト:https://www.misshajp.com/store/u_page/apieu.aspx
日本インスタグラム:https://www.instagram.com/missha.beauty/

4.LABIOTTE(ラビオッテ)

バラの花やワインボトルの形のリップに、懐中時計のようなアイシャドーコンパクト。遊び心たっぷりのパッケージが印象的な韓国コスメブランドです。2019年8月に日本公式webショップがオープン、大阪・心斎橋には直営店も。自然エネルギーにこだわり、皮膚科学を研究して作られたメイクアイテムやスキンケアアイテムが揃っています。
フランス産の高級ワイン成分・セピビノール(ぶどう抽出物)が配合&ふわっとワインの香りがする『ワインリップシリーズ』は大人気シリーズ。『シャトーラビオッテ ワインリップスティック』は唇に乗せると溶けるようにスーッと伸び、落ちにくいと評判です。

韓国公式サイト:http://www.labiotte.com/
日本公式サイト:https://labiotte.jp/
韓国インスタグラム:https://www.instagram.com/labiotteofficial/
日本インスタグラム:https://www.instagram.com/labiotte_japan/

5.JUNGSAEMMOOL(ジョンセンムル)

韓国で有名なメイクアップアーティスト、ジョン・センムルさんが手がけたブランド。KARAやK-POPアーティストのメイクを担当した実績を持つ彼女がノウハウと技術を駆使したプロ仕様のアイテムは、本格的なメイクを楽しめる、と人気を集めています。
中でもクッションファンデは、最強のツヤ肌が手に入ると口コミで大絶賛。
『エッセンシャルスキンヌーダークッション』は、カバー力は高いのに厚塗り感がなく、軽やかなつけ心地にハマる人が続出。他に、さらりと仕上がる『スキンヌーダーロングウェアクッション』、カバー力とツヤ肌を同時に叶える『クッションシーラー』もラインナップされています。

日本公式サイト:https://www.jsmbeauty.jp/
韓国インスタグラム:https://www.instagram.com/jsmbeauty_/

いかがでしたか?
韓国コスメが日本に上陸したのは、K-POPが牽引した第2次韓流ブームが訪れた、2010年前後。今年の流行語大賞に「第4次韓流ブーム」がノミネートしたことから、まだまだ韓流は波に乗っていることが伺えます。
新しいコスメブランドも続々と日本に上陸しているので、今後も目が離せませんね。
流行に敏感な美容師さんは要チェックです!

関連記事一覧