• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 美容師さんの休日の過ごし方〜チェアリング編・おすすめアウトドアチェア4選〜

美容師さんの休日の過ごし方〜チェアリング編・おすすめアウトドアチェア4選〜

コラム

美容師さんの休日の過ごし方編、今回はチェアリングです。チェアリングとは「持ち運び用に軽量化された椅子を野外に設置し、そこに腰かけて主に飲酒などをしながら過ごす行為(Wikipediaより)」。つまり、アウトドアチェアを持って外に出かけ、公園やビーチ、河川敷、などゆっくりできる場所に座って、のんびりリラックスして移りゆく景色を眺めたり、テイクアウトしたフードを食べたり……ただ椅子を持って行って座るだけという、最もハードルの低いアウトドアアクティビティと呼ばれています。

屋外で距離を保ちながらチルアウトできるチェアリングはコロナ禍にもピッタリ。今回はチェアリングのバディ(相棒)である、アウトドアチェアを4つ(全てグラワーズ社長の愛用品)ご紹介します!

1.Coleman(コールマン)レイチェア

最初にご紹介するのは、キャンプ好きなら誰もが知るアウトドアブランド・コールマンのレイチェア。

便利なケースに入れて、コンパクトに収納できます。

肩から下げられるので持ち運びもラクラク。軽量なアルミフレームを使用していますが、重量は4kg弱あるため、長時間の移動は少し疲れるかも。

組み立ても簡単。広げて、背もたれの後ろにあるレバーを下げて固定します。平らな地面だと閉じたまま自立してくれるのも、扱いやすく嬉しいポイント。

このチェア最大の特徴、3段階のリクライニング機能は、ひじ掛けのスライドで調整可能。

リクライニング1段階め。ハイバックチェアなので、体全体をしっかり包んでくれ、安心感があります。体重を後ろにかけても倒れる心配がありません。

リクライニング2段階め。「座りやすいです!」と新入社員の小川さん。

リクライニング3段階め。最大まで倒すと、視界に入るのは青空!「眩しいですね……」と小川さん。眩しい光がまぶたの裏にじんわり広がります。

一面に広がる夜空を見上げるのも最高ですね! 小川さん曰く、コールマンのレイチェアは「安心感があって気に入りました! リラックスするならこれ!」とのこと。

サイズ:使用時 約61x70x98(h)cm/収納時 約25x15x89(h)cm
重量:約3.7kg
材質:シート ポリエステル/フレーム アルミニウム/スチール、他
座面幅:約50cm
耐荷重:約80kg
付属品:収納ケース

コールマン公式サイト:https://www.coleman.co.jp/


2.THE NORTH FACE(ノースフェイス)TNFキャンプチェア

弊社社長の貴嶋が大好きなブランド・ノースフェイス。ご紹介するのは、アウトドアにもインドアにも使えるキャンプチェア。普段は事務所に置いてあります。

チェアを二つ折りにして、サイドを上に引き上げ、付属のストラップでくるっと巻けば、コンパクトに。広げるのもあっという間です。

シンプルなローチェア。生地は高強度の1,680デニール「Corduraファブリック」を採用。アルミフレームなので軽量ですが、張りのある生地のおかげで、座り心地はしっかりしています。

折りたたんだ時に巻いていたストラップは、背もたれの後ろで止めることができます。タオルを掛けたりするにも便利。

「座りやすいけど、ひじ掛けが低くて使いにくいです……」と小川さんからの率直な意見。低めのチェアが欲しい方におすすめです。

サイズ: 使用時 W60×D63×H83cm/収納時 W14×D58×H73cm、座面高 41cm
重量:約3.8kg
材質:フレーム アルミ合金/フレーム表面 アルマイト加工/肘掛 発泡ウレタン/座面 1680D CORDURA Ballistic® ナイロン
THE NORTH FACE公式サイト:https://www.goldwin.co.jp/tnf/

3.Kermit Chair(カーミットチェア)WALNUT

1984年に誕生したアメリカ発のブランドで、キャンパーに愛され続ける人気のチェア。今もテネシー州の工房で一点ずつハンドメイド生産されているそうです! キャンプ歴10年の弊社社長の愛用カラーはレッド。

チェアの上下についている、ゆるやかなカーブのパーツを合わせると折りたためます。バッグのように持ち運びが可能。

バイオリンや高級家具に使われるWALNUT(ウォルナット)が、あたたかみを感じさせます。手作りならではの、精密かつしっかりしたパーツ。

なんとこちら、パーツごとに分解できます。分解後は58cmの小さな袋に入れて持ち運びが可能。取り外し&組み立ても、直感でできるほど簡単です。

ウォルナットは適度な硬さと粘りを兼ね備えているため、耐久性にも優れています。4つの椅子の中では最もコンパクトなサイズ。もちろんインドアにもアウトドアにも使い回しがききます。

座ってみると、「安定感がすごい!」と感動した様子の小川さん。すっかりお気に入りの様子です。生地にハリがあり、コンパクトなのに極上の座り心地を感じられる1品。ファブリックの張り替えやカスタマイズができるため、誰とも被らないオリジナルチェアが欲しい! という方にはおすすめ。

収納サイズ:約11 x 16 x 56cm
組立サイズ:幅約53 x 高さ約61
耐荷重:113kg
座面高:約32cm
重量:2.5kg
素材:WALNUT(ウォールナット)・アルミ・スチール・1,000デニールナイロン
カーミットチェア公式サイト:https://www.kermitchair.jp/



4.Helinox(ヘリノックス)タクティカル チェア

軽量なアウトドアチェアといえばヘリノックス! 『タクティカルチェア』はとにかく軽いので、野外フェスに持っていく人が多いチェア。社長愛用カラーはコヨーテです。

初めてヘリノックスを見た時に驚いたのは、コンパクトさ。折りたたんで26cmの小さなポーチに収納できます。

椅子の足とファブリックを取り外し、足をファブリックでくるくる巻いた状態で収納。

足の接続部はゴム。ぐいーんと引っ張り、パチッと嵌めて組み立てます。

足を組み立てたら、ファブリックをかぶせます。

ファブリックの四隅に足をセット。最後の2箇所を嵌めるのは少し力が必要。ぐっと押し込みます。

背もたれのベルクロには、ワッペンや反射板などを付けてカスタマイズすることも可能。

さあ、座り心地は?「上半身に体重をかけて座らないと、こけそうです」と、またも率直な意見をくれた小川さん。形が丸いので、他のチェアに比べると安定感はそんなにありませんでした。ただ、とにかく軽くて持ち運びがしやすいことが利点のヘリノックス。ミニマムなチェアを探している方にはおすすめです。

使用時サイズ:40cm×34cm×44cm(幅・奥行き・高さ)収納時サイズ:26cm×9×11cm(幅・奥行き・高さ)座面の高さ:23cm 使用時:475g収納時:560g                      
耐荷重:90kg材質:フレーム/金属(アルミニウム合金)ヒンジ、先端部/ナイロン表面加工(フレーム):アルマイト張り材:ポリエステル収納袋:ポリエステル(マルチカモ/ナイロン)
ヘリノックス公式サイト:https://www.helinox.co.jp/


(弊社社長私物の)人気ブランドのアウトドアチェアをご紹介しましたが、いかがでしたか?次回は実際にヘリノックスを持って、中之島公園にチェアリングをしに行ってきます! どうぞお楽しみに!

関連記事一覧