【リピーター向け】ツールを使い分けて、お店の良さをアピールしよう。

クリエイティブ

前回は、サロンさんの集客ツールをおさらいして、さらには【新規顧客向け】で使用される媒体の特徴をみていきました。

まだ読んでいない方はこちら
【新規顧客向け】ツールを使い分けて、お店の良さをアピールしよう。

付加価値をキチンとアピールしましょう

「価格を安くすれば集客できる」というのは新規のお客様を獲得する時の1つの戦略です。
しかし、この方法では2回目以降の料金が上がってしまうサロンさんでは、一見さん止まりでリピーターにつながらない理由になってしまいます。あなたのお店や、あなたがお客様に提供できるサービスが何かをハッキリさせて、 その内容をお客様に伝えましょう。 お客様はポータルサイトやチラシなどで、料金以外の情報も比較して訪れます。 美容室に来店するお客様の希望や悩みは様々です。

  • 自分に似合う髪型にしてほしい
  • 髪の悩みを解決してほしい・相談したい
  • 好みのカラーにしたい
  • トレンドをつかみつつ、自分らしいヘアスタイルをしたい
  • 癒しや贅沢をしたい
  • ○○というカラーを使ってみたい

来店したお客様の顧客心理を把握しつつ、施術を行う際に、継続して通うことで得られるメリットを伝えましょう。

新規のお客様をファンに育てる!

ペーパーアイテム

・クーポン券

新規金額と通常料金の中間の金額を設定して、お渡ししているサロンさんが一般的です。
2~4回目までは中間金額で通えて、5回目からは通常価格で施術という形で運営されていることもあります。

・スタンプカード

規定の個数に達したら物販の割引券になるというスタンプカードの形式を採用されているサロンさんが増えています。
施術料金を割引く場合は利益率などに響きますが、物販割引の場合は【ついで購入】を促すきっかけになり、純粋な収入UPにつながります。

・お誕生日カード・サンクスカード

複数回来店があったお客様にお送りしているサロンさんが一般的です。

WEBアイテム

・ホームページ

新規顧客向けの記事でも書きましたが、
【お店のホームページを作るのは、お客様に来店を促すため】です。
新規のお客様の場合は、来店に関しての不安を払拭する役割を担います。
それでは、リピーターのお客様にはどんな効果があるのでしょうか?
“ホームページを作ったらお客様が爆増するわけじゃないなら、無料で使えるSNSでいいのでは?”と思いますよね。
SNSのみでWEB対策をするデメリットをきちんと確認した上で【ホームページはいらない・更新しない】という選択がとれていますか?

SNS・ポータルサイトのみのWEB運用のデメリット

  • フォーマットが決まっていて、お店の個性を出しづらい
  • SNSは類似サービスの広告などが割り込んでくる
  • 発信したい情報が投稿とともに流れていってしまう
  • ポータルサイトはタイトルやサムネイルの文字数・サイズが決まっていてアピールポイントを伝えきれない
  • (大手のサービスであればリスクは少ないですが)サービスの終了やアカウントの停止などによって、せっかくアップしていた記事や写真・動画が削除されてしまう

上記の問題点を解消するために作成するのが、ホームページです。
ホームページには固定の投稿を埋め込むこともできるので、イイネをたくさん集めた記事や、渾身の出来で仕上がったスタイルやアレンジ動画などを掲載することが可能です。

SNS

接客したお客様のヘアスタイルなどをアップしたり、新しい商品やサービスの告知に使用することで、お客様からのイイネやコメントを集めましょう。
コメントに対しても放置するのではなく、なるべく返事を返すことで親しみやすさを演出することが重要です。
お客様から親近感を持ってもらえると、SNSを通して予約を直接得ることもできます。
実際に大阪ミナミや原宿の一部のスタイリストさんたちは、インスタグラムで予約の受付を行ったり、LINEでお客様とのやり取りを行ったりしています。
お客様のヘアスタイルを投稿したり、タグ付けしたりすることで、そこから友人やフォロワーさんへの拡散も始まり、無料で広告を出している効果も期待できます。

まとめ

STEP01

新規顧客をリピーターにするために、お店のファンになってもらいましょう。
・まずは、お店で提供できるサービスと、それに合致する訪れてほしいお客様像を固めましょう。
すでにツールをいくつも運営している場合は、ツールに使用しているテキストや画像が、固めたお客様像が魅かれるものかをチェックしてください。

STEP02

お店の情報を発信する基幹になるサイトの準備を行いましょう。
・日々の更新やチラシやポータルサイトではしっかり表現できなかったお店の推しポイントを発信しましょう。
・予約の導線をキチンとまとめましょう!

STEP03

・SNSにヘアスタイルや服装、商品や使い心地などをアップして、お客様からのアクセスを獲得しましょう。
・イイネやコメントには積極的にイイネ返し・お返事をすることで、仲の良いスタイリストさんのポジションをゲットしましょう。

関連記事一覧