• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 美容師さんのおうち飲みにおすすめ&ビールにピッタリ! 編集部厳選コンビニおつまみ14種

美容師さんのおうち飲みにおすすめ&ビールにピッタリ! 編集部厳選コンビニおつまみ14種

コラム

新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか外に飲みに行きにくいご時世。お酒が好きな美容師さんはきっと、おうち飲みをする機会が増えたことでしょう。おうち飲みの相棒といえば、やはりおつまみ。そしてお手軽なのはコンビニです! 今回は、ビール飲み比べの取材の際、サロンプロモマガジン編集部メンバーに、各自コンビニで500円以内で好きなおつまみを購入してもらいました。普段お酒を飲むメンバーから、あまり飲まないメンバーまで。一体何を選んだのか?コンビニで購入したおつまみ14アイテムを一挙紹介!


1.ベーコンポテトサラダ(ローソン)

おつまみには定番のポテサラ!

ローソンの『ベーコンポテトサラダ』は、黒こしょうがピリリときいていて、まるでお店で出てくるようなしっかりめの味付けでした。

しっとりした質感で、比較的大きめのじゃがいも、ベーコンが入っているので満足感も◎ビールはもちろん、どんなお酒にも合う万能おつまみです! 酒好きメンバーも絶賛でした。


2.からマヨ ジャイアントコーン(ローソン)

口に入れた瞬間にツーンとからしが鼻をつく、ジャイアントコーン。ピリッとした辛みがやみつきに。

親指の先ほどの大きさで、ハマるとどんどん食べてしまう美味しさです! 価格は132円(税込)。こちらもビールに合うと好評でした。ちょっとつまみたい時や、辛いものを食べたい時におすすめです。



3.チョコチップクッキー(ローソン)

「ビールに甘いおつまみは合わないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ところがどっこい、このチョコチップクッキーはビールにも合うんです!

製造元はイトウ製菓。ザクザクとした重みのある食感で、チョコチップもしっかり入っています。甘ったるい感じではなく、ほど良い甘さ。苦めのビールに合わせると、苦味が抑えられていい感じ! カクテルやハイボールにもピッタリです。


4.いかの姿フライ(ローソン)

リニューアルされたパッケージがキュートな『いかの姿フライ』。

分厚めで、バリバリッ! という噛みごたえが気持ち良いです。製造元の株式会社合食は、様々な味の“いかの姿あげ”を販売していて、ファンも多い食品会社。油っこくなく、イカの旨味もしっかりと感じられました。少し甘めの味付け。もう少し刺激のあるおつまみが好みの場合は、ホットチリ味などを選ぶと◎。


5.無着色のひとくちカリカリ梅(ファミリーマート)

おやつに時々食べているカリカリ梅。お酒にも合うのではないかと思い、購入しました。甘ずっぱさがたまりません。一緒に飲みたいのはワインや日本酒。

そのまま食べても抜群に美味しいですが、アレンジしておつまみレシピにすると幅が広がるので、よりカリカリ梅のポテンシャルを感じられるはず。


6.桜チップで薫製したうずらたまご(ファミリーマート)

「薫製した食材の香ばしさといったら、もう最高!」という方も多いのでは。ファミリーマートの『桜チップで薫製したうずらたまご』は、その名の通り、国産のうずら卵を桜チップで薫製したもの。桜の木は香りが強く、最もメジャーな薫製材です。

中身はしっとり醤油漬けになったうずら卵が7個。味は濃い目で、独特の香ばしさが口内に広がります。美味しくてあっという間になくなってしまいました。価格は250円(税込)なので、コスパは少し高めかも。ビールにしっかり合うおつまみです。


7.大盛枝豆 沖縄の塩シママース使用(セブンイレブン)

居酒屋ではとりあえず頼む「ビールと枝豆」。塩気がガツンときいた、セブンイレブンの『大盛枝豆』。シママースの塩を使うことで、どっしりとした味わいになるそう。

開けやすいパッケージがポイント高いです。

12cm四方のお皿にあけてもそこそこ山盛りに。ぎっしり入って188円(税込)という価格で、コスパ良し! 枝豆自体も大粒なので、満足感があります。


8.旨塩鶏なんこつ天(セブンイレブン)

レンジでチンするおつまみです。500Wで約40秒加熱します。

レンチンしてもベチャッとならず、フワッとした仕上がりで感動。大人の味という印象で、鶏なんこつのコリコリ具合が良いアクセントに。ビールに合うのは言わずもがな。味がしっかりついているので、少量でも満足感がありました! 


9.なめらかな食感のチーズ鱈(セブンイレブン)

みんな大好き(?)チータラ。これがあればハッピーという方も多いのではないでしょうか。

セブンプレミアムのチータラは、株式会社なとり製。オリジナルブレンドのチーズを、独自の製法で鱈のシートにサンドしたものです。ちなみに「チーズ鱈、チータラ」は株式会社なとりの登録商標だそう。舌触りがなめらかで、期待を裏切らない美味しさです。


10.濃厚なうま味サラミチップス(セブンイレブン)

初めて食べる編集部メンバーも多かった、サラミチップス。2021年4月に発売されたばかりの新商品です。

「サラミチップス」というワードのイメージからは想像がつかない、パリッと軽い噛みごたえ。食感とアクセントのこしょうがクセになり、サクサク食べ進めてしまう美味しさ。肉の旨みもしっかり感じられました。ノンフライなのでカロリーを気にする方も安心!


11.甘みひきたつカシューナッツ(セブンイレブン)

こちらもおつまみの定番、ナッツ。アーモンドやピスタチオなど様々なナッツの中でも、カシューナッツは甘めで食べやすく、人気があります。

このカシューナッツは、平釜でじっくりと焙煎、エクストラバージンオリーブオイルでコーティング、赤穂の焼き塩で味付けされているそう。食べてみた印象はオーソドックス。塩気は強くないので、ナッツそのものの味を楽しみたい方におすすめです。もちろんワインにもどうぞ。


12.ビッグカツ とんかつソース味

昔懐かしい駄菓子も、意外とおつまみになります。ビッグカツは、卵とじなど料理アレンジもしやすく、ポテンシャルが高いアイテム。

今回はそのままいただきましたが、久しぶりに食べると「ビッグカツって、こんなに美味しかったっけ……?」と目からウロコでした。安くて美味しいなんて最高です!


13.プリングルズ サワークリーム&オニオン

こちらも30歳オーバーの編集部メンバーから「懐かしい~!」という声が飛んだ一品。筆者は大学生の時によく食べました! 社会人になってからは久々の再会!

ベースチップの改良で、「後ひくうまさ」「食べごたえ」「パリサク食感」がパワーアップしたそう! サワークリームの濃厚な味わいが、ビールにマッチします!


14.なとり おどるおいしさ! いかフライ

2点目のいかフライ。別のメンバーが購入してきたので、実は人気ということがわかりました。

ローソンのいかフライに比べると、ザクザク感は少なめ。油っけはこちらの方が強い印象でした。でもやはり安定の美味しさ! 手軽なおつまみにバッチリです。

いかがでしたか?サロンプロモマガジン編集部7人で食べる、という意識があったためか、皆で分けられるスナック系が多かった今回のおつまみセレクト。好みはそれぞれでしたが、人気は意外にもビッグカツ。「懐かしいし美味しい!」という声が上がっていました。また、ベーコンポテトサラダも人気でした。

進化が著しいコンビニおつまみ。どこでも買えて、調理も簡単。枝豆やポテチなど鉄板のアイテムから懐かしい駄菓子まで、幅広いおつまみが手に入ります。仕事終わりにちょっと立ち寄って、明日のサロンワークの活力に、おうち飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧