• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • おうちやサロンのインテリアにも。大人も子どもも楽しめる植物の楽園『the Farm UNIVERSAL』で、素敵な観葉植物に出会おう

おうちやサロンのインテリアにも。大人も子どもも楽しめる植物の楽園『the Farm UNIVERSAL』で、素敵な観葉植物に出会おう

コラム

こんにちは、サロンプロモマガジン編集部です。コロナ禍で、自宅で時間を過ごすことが多くなった背景から、自宅のインテリアに観葉植物を取り入れる人が増加しているそうです。まだしばらく続きそうなおうち時間。マスク生活で窮屈になりがちな日常ですが、グリーンやお花で癒されてみませんか?ということで、今回は国内最大級の規模を誇ると言われる、大阪・茨木市にある『the Farm UNIVERSAL』をご紹介します! 広大な敷地には、小さな卓上用の観葉植物から世界の珍しい植物まで、さまざまな種類の植物が所狭しと並んでいます。動物もいて、大人も子どももペット連れも、1日中楽しめます。サロンに置く観葉植物も豊富に揃っていますので、植物が好きな方はぜひ訪れたいスポット。ぜひご覧ください!

多種多様な植物が出迎えてくれる! the Farm UNIVERSAL

『the Farm UNIVERSAL』は、「全ての人が楽しめる植物の楽園」として、大阪府茨木市に2015年4月にオープンしました。「緑に囲まれたカフェ、迫力の植物園。植物を体感しながら花苗や大きな庭木、観葉植物、珍しい多肉植物など、自分にあったたくさんの植物と出会い、植物を愉しむための充実したツールやスポットを見つけたりする、植物を愉しむガーデンセンター」です。

1000坪を超える広大な敷地内には、「かんようしょくぶつのもり」「せかいのしょくぶつえん」「おにわのみどり」「おはなのもり」「くらしのもり」「いちごえん」という6つのエリアがあります。その中でも、今回はインテリアにおすすめの植物が販売されている「かんようしょくぶつのもり」「おにわのみどり」「おはなのもり」を中心に写真たっぷりでご紹介します。


・かんようしょくぶつのもり

「かんようしょくぶつのもり」の温室内には、その名の通り、豊富な観葉植物がずらりと並びます。

部屋に置きやすいサイズの観葉植物はもちろん、ちょっと変わった多肉植物や、珍しい植物まで、室内で管理するあらゆる植物が集まっています。まさに見渡す限りのグリーン。

ポットや植物を育てる際に使うアイテムもたくさん。

とにもかくにも植物だらけ。ちょっと不思議なオブジェもあり(中には販売されているものも!)、本当にジャングルや森の中にいるようで、中に入るだけで楽しめる空間です。通路は「せかいのしょくぶつえん」につながっていて、行き来できます(下の写真は「せかいのしょくぶつえん」)。




・おにわのみどり

「おにわのみどり」では、ハーブや果樹、常緑樹や落葉樹など、高木から低木まで、外で育てる植物が販売されています

レモンやりんご、オリーブなどの苗木もあり、小さくついた実が可愛くて、思わずテンションが上がります。

ベランダやプランターで育てやすい、ハーブの品揃えも抜群。お庭があるサロンさんは覗いてみると楽しいこと間違いなし。知識豊富な店員さんがいろいろ教えてくださいます。


・おはなのもり

道路を反対側に渡ったところにある「おはなのもり」は、花に必要なものがすべてそろうコーナー。ここだけでもかなりの広さ!

入り口近くには、綺麗な錦鯉が泳いでいました。

見渡す限りの花の苗。花鉢や花にまつわる肥料や土、種も豊富に並んでいます。

手のひらサイズの多肉植物や、サボテンなどのコーナーも展開されていました。

外に出ると小高い丘があり、やぎさんの姿が見えました!


・くらしのもり

「おにわのみどり」の近くにある「くらしのもり」は、植物をインテリアや暮らしに取り入れるために必要となるツールやポットなどをはじめ、ギフト、クラフト、ブックなどが充実したインテリアショップ

ガーデニング用の実用品や植物を飾るためのポットはもちろん、見たことがないようなオシャレなインテリアグッズやオブジェも揃っているので、「サロンや自宅に何を置こう?」と迷ってしまうほどかもしれません!

チェアやテーブルなどの家具に絡めて展示しているため、「部屋に飾るとこんな感じになるんだな」と、イメージがわきやすく、検討のしやすさが魅力。手軽に植物をお部屋に迎え入れたい方は、「くらしのもり」で売っているグリーンポットから始めてみてもいいかも。



お腹が空いたらこちらへ!

The Farm UNIVERSALはかなり広いので、膨大な量の植物を夢中で見ていると、お腹も空きます。

・FARMER’S KITCHEN

「FARMER’S KITCHEN」は、店内にも店外にも緑が溢れるカフェ

素材にひと手間を加えたオシャレなサラダや、野菜本来の味を生かしたピッツァなど、見た目も色鮮やかなメニューがいただけます。やはり人気はピッツァだそう。

写真は、「厚切りベーコンと南京のガーデンピザ」の、平日のセットメニュー。カラフルで嬉しい!  サラダは野菜そのものの味がして、とても美味しかったです。

「オリジナルレモネード」はフレッシュな甘さがたまりませんでした! メニューは、季節によってがらっとチェンジするそうなので、何度訪れても違うお料理を楽しむことができます。

なお、テラスにはペット同伴可能な『PET CAFE』があります。

この日も1匹のわんちゃんが遊んでいました!(写真を撮らせてくださりありがとうございます!)



・移動カフェ AIRSTREAM KITCHEN BAMBI

第1駐車場の近くには、移動カフェ『AIRSTREAM KITCHEN BAMBI』が。こちらでは軽食を購入できます。

トルティーヤやスムージーなど、小腹が減った時に嬉しいメニューが揃います。

9月末から販売スタートの「ホットドッグ」。一足お先にいただきました! 美味しかったです~! ドリンクは「自家製ジンジャーエール」。スパイスがしっかり効いていて、こちらも美味でした!



動物に癒されよう!

大人も子どもも楽しめる1つの要因として、the Farm UNIVERSAL内にいる動物たちの存在があります。


・「やぎの展望台」のやぎ

第2駐車場の横道を登った小高い丘には、「やぎの展望台」があり、4匹のやぎさんが暮らしています。

訪れた時は、2匹のやぎさんがのんびりくつろいでいました。

100円でえさやりをすることもできます。

「やぎの展望台」は敷地の一番高いところにあるため、やぎが全てを束ねているボスのようで、なんだかカッコ良かったです。


・「かんようしょくぶつのもり」のフクロウ

「かんようしょくぶつのもり」を歩いていると、フクロウに出会えます。ベンガルワシミミズクのベンちゃんと、

アメリカワシミミズクのリカちゃん。フラッシュはNGとのことなので、そっと優しく見守ってあげましょう。



・「いちごえん」前のうさぎさん、ニワトリさん

「いちごえん」の前には、うさぎさんが! あまりの可愛さに震える筆者。

100円でガチャガチャを回すと、うさぎのえさやりができます。手からペレットを食べてくれるのがとてつもなく可愛い……!

ニワトリも放し飼いされています。写真ではわかりにくいですが、2羽のニワトリが土を掘って涼んでいました。

ザリガニ釣りもできるようでした。




子供が遊べるスポットもたくさん。子連れでも楽しめる!
・あそびば

「くらしのもり」から第3駐車場に抜けるところには「あそびば」という、アスレチック場があります。

敷き詰められているのは木材のチップ。ふかふかなので、転んでも怪我をしにくくなっています。基本的に子どもが遊ぶ場所には木材チップが敷いてありました。この配慮は大人も嬉しいですね。


・FARMER’S KITCHEN内の遊具

「FARMER’S KITCHEN」内にも、子どもが遊べる遊具がありました。食事でずっと座っているのに飽きてしまったお子さんも、気兼ねなく遊ぶことができますね。



・Strawberry Farm No.15

「Strawberry Farm No.15」では、半年に一度いちご狩りシーズンがやってきます。

次回は12月からだそう。冬のいちご狩り、とても素敵ですよね。また編集部もレポートしようと考えておりますので、どうぞお楽しみに!

『the Farm UNIVERSAL』は広大な土地に、ありとあらゆる植物が並んでいます。動物も、美味しい料理も、インテリアグッズも種類豊富。1日いても全く飽きません! 行かれる際はできるだけ早めの時間からの来店をおすすめします。編集部は平日の午前中に訪れましたが、どんどん車がやってきて、平日でもかなりの賑わいでした。カフェはお昼時は順番待ちになるほど。土日は混み合うようなので、平日が休みの美容師さんはラッキー! 植物や自然に触れ合うが好きな方にとっては、リフレッシュもできるのでは。果樹園など、これからオープンする予定のエリアもあるそうなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

the Farm UNIVERSAL
住所:大阪府茨木市大字佐保193-2
電話番号:072-649-5339
営業時間:平日 10:00~17:00(短縮営業)/土日祝 10:00~18:00(短縮営業)
定休日:なし(年末年始は休業)
HP:https://the-farm.jp/osaka/

関連記事一覧