インスタグラムの新機能「リール(Reels)」って何?

コラム

8月5日にリリースされたインスタグラムの新機能「リール(Reels)」皆さんはもう試しましたか?
リールは撮影した映像を音楽やカメラエフェクト等を用いて編集し、最大15秒の短い動画として投稿できる機能です。
このような短尺の動画アプリは、若者たちの間で現在流行している「TikTok」が有名ですが、その機能がインスタグラム内でも利用可能となったわけです。
サロンや個人のアカウントでインスタグラムを使うことが多いであろう美容師さんに、今回はリールの動画作成方法をご紹介します!

リール動画作成と投稿の仕方

①左上にあるストーリーズ専用のカメラを開き、画面の下の部分に表示されている「リール」をタップして選択

②撮影ボタンを長押で撮影を開始、指を離すと撮影が一時停止されます。もしくは左下のスマホ内ギャラリーからも動画を選択できます。(写真は選択できません)

アプリ内5つのクリエイティブツールを紹介

撮影前に設定しておくことで、撮影した動画に効果が反映されます。
BGMは後から選択可能ですが、速度やエフェクトは撮影前に設定しないと適用されないので注意です。
早速上から順に、使える効果を紹介していきます。

ミュージック

♫マークをタップすると、ライブラリから好きな曲を選んで、BGMとして追加できます。
一覧以外にも、上部の検索窓から楽曲名やアーティストを入力して検索することもできます。

速度

撮影する動画の速度を変更できます。
例えば3倍速を選択すると、出来上がった動画は3倍速で再生されます。

エフェクト

ARカメラエフェクトを選択できます。
キラキラ演出やフレーム加工など様々な効果があるので使ってみてください。

タイマー

あらかじめ秒数を設定しておくことでフリーハンドでの撮影ができます。
撮影開始前のカウント秒数も設定可能です。

位置合わせ

次の動画を撮影する前に、前回の動画の被写体の位置を透過表示し、位置を合わせやすくできます。
この機能は動画が2つ以上の時のみ現れます。

投稿形式の違い

作成した動画の投稿形式は「リール」、「リール+フィード」、「ストーリーズ」の3つから選択できます。
「リール」にシェアした場合は、プロフィール画面のリール専用タブに動画が表示されますが、「フィードにもシェア」の場合、通常の投稿タブにも表示されます。
「ストーリーズ」を選択した場合はストーリーズ投稿として表示され、24時間後に自動で削除されます。

まとめ

TikTokの利用者は圧倒的に10~20代の若年層が多いため、よく似た機能であるリールも、同じく若年層を中心に利用される可能性が高いです。動画は静止画やテキストに比べると視覚的に訴求する力がかなり強いので、サロンの商品やサービスの販促、ヘアスタイルやファッションの紹介にうまく活用するといいかもしれません。
アメリカでは「安全保障上に懸念がある」としてTikTokの使用禁止が加速しているため、今後リールのユーザー数は伸びていくと予想されます。
これを機にリールをたくさん活用して動画投稿をしてみてくださいね!

関連記事一覧